一般歯科

虫歯治療・被せ物・入れ歯

歯内療法

簡単に言えば歯の神経の治療部門です。
まず、歯の神経、といわれるところについて説明します。
これは、(顎の骨の中に立って歯の頭の部分を支えている)根の先の部分から、顎の骨の中から栄養を供給される血菅と、感覚を司る神経が入りこみ、歯が体の一部として、正に生きるための機能を営む歯髄と呼ばれる大切な部分です。ところが、むし歯が大きくなり、神経にむし歯菌が感染すると、菌はこの歯髄の中に入り込み増殖し、血管や神経を障害するため、痛みになります。このため、神経をとる、つまり生きている歯の生命線を止める作業をしなければなりません。この作業は外科処置であり、体は傷を負うことになります。

さて、神経・血管が通る歯の根は、咀嚼という噛む力に耐えられるように、いくつかの根をはらし、歯の隅々に栄養を与えるために、根の中で枝をつくっています。ちょうど、木が根をはり、枝を茂らす状態だと思って下さい。
幹は曲がり、枝分かれまでしているのに、歯そのものは小さくて細いため、歯髄の隅々を直接見ることもできないのが歯の根の治療です。しかし、直接骨の内部とつながる部分ですから、二度とばい菌が入らない様に、きちんと治療する必要があります。従って細心の注意と技術、そして時間をかけることが必要な治療です。これを怠れば、骨の中に膿が溜まる病巣を作り、その膿に溜まった菌は、血液の作用によって体中に運ばれてしまう仕組みになっているからたまりません。これが心臓や脳に運ばれた際には、菌を散らばさないように取り囲み、これがコブになれば、梗塞といって血管がつまる事になります。歯は全身とつながり、大きく影響し合っているものなのです。
きちんとしたこの治療は技術的にも難易度も高く、多くの時間を要するにもかかわらず、残念ながら、保険の費用が極めて低く設定されているため、治療の不備が一番起きやすいのが現実です。けれど、歯の治療において、大変重要な治療であることは、前述したと通りです。
当院では、この歯内治療に充分な時間と情熱をかけ、最大限歯の保存に尽力しています。

補綴治療

いわゆる被せ物の治療です。
インレーと呼ばれる部分的なもの、歯全体を被せるクラウンと呼ばれるもの、それらを繋げるブリッジ、と呼ばれるものについて、むし歯の再発を防ぐために、患者さんには確かめにくいことなのですが、作られたものがきちんと適合していることが重要です。

被せ物と歯との境目は、歯ぐきの中に設定されることが多いのですが、通常の型どりでは、その境目が明瞭に出ません。
ですから、1本目のコードを歯ぐきの中に挿入し、歯ぐきを傷つけないように歯を切削し、更に歯ぐきを広げるためのコードを挿入し、時間の経過を待って型どりをするという手順で行い、型どりの精度を高めます。勿論、被せものの周囲に接する歯ぐきは、健康に回復していることが必須条件です。
そして、製作される被せ物は、院内技工部門で、マイクロスコープを用い、精密に型どられた模型上で、歪や誤差の少ない吟味した材質を用い、審美的・機能的に優れたものを丁寧に作ります。

うまく噛めない、痛い、等、入れ歯につきものの問題の原因に、かみ合わせが狂っていることがあります。
入れ歯を支える土台のあごは、筋肉や靭帯によって支えられているため、長期にわたって歪やゆがみの生じた筋肉の状態のままでは、適正な入れ歯を作ることが出来ません。歪のないバランスの筋肉に支えられる正しいあごの上でこそ、入れ歯は正しい機能を行う、というものです。そのため、数か月間リハビリ用の義歯を使用し、全身のバランスを考えた調整を繰り返した後、最終義歯に移行していきます。義歯は重い頭を支える支柱であり、体の一部として全身に大きく影響を与えるものであり、若々しい姿勢と顔貌を一挙に可能にするものであることをお忘れなく。