設備について

歯科用CT

顎関節、あごの骨の中にある歯根の状態、など、三次元的より詳細なデータは、顎関節症、インプラント、歯の根の治療、歯列矯正など、確実な診断に役立ちます。

CAD/CAM

3Dカメラで患部を撮影、コンピュータで歯の形状や歯列を認識し、コンピュータ上で被せ物を設計。その後CAD-CAMでそのデータを基に被せ物を精密に作製します。
当医院では、専属技工士が常駐し、更により人間の歯に近い色や形が再現できるので、従来の銀歯がイヤだった患者さまに、よりご自身の歯に近い色で被せ物の作製が可能です。

レーザー

滅菌作用のあるレーザーはさまざまな場面で活用しております。とくに、根管治療(根っこの治療)には欠かせません。また、その他の治療の際にも、より治癒を促進したり、抜歯後の傷の治りを早めたりと、治療の効果を促進します。

シロナソアナライジングシステム

正しいアゴの位置や噛み合わせの検査に使用します。静止時や咀嚼時のアゴの動きを測定することで、「正しく噛めているか」「正しく喋れているか」など機能の問題がわかります。

聴力検査

顎関節症の影響で、難聴を訴える患者さまもいらっしゃいます。当院ではオーディオグラムを使って、難聴の度合いを測定、診断いたします。噛み癖は、左右のバランスや高音域、低音域に変化をもたらすものなので、機能的なデータとして重要です。

オクルーザー

噛み合わせて力をかけたときに上下の歯全体にバランスよく重みがかかっているかを調べます。噛み合わせ治療には欠かせない機械です。

グラビコーダー

脳神経科で使用する重心動揺計です。開眼で起立した姿勢、閉眼で起立した姿勢の重心の位置を測定することで、全身のバランスを測ります。

ヒールオゾン(ガス)

オゾンによる殺菌。細部の殺菌には、液体では届かない隅々にまで及ぶ気体(ガス)が一番適しています。
オゾンガスは人体には無害で安全です。

マイナスイオン、アロマテラピー、殺菌システム、水について

患者さまに少しでも心地よく過ごしていただきたい。マイナスイオンもアロマテラピーもそんな気持ちの表れです。
当院では、治療時の消毒に当院で作成する次亜塩素酸ナトリウム水を使用しています。消毒液よりも刺激が少ない、殺菌された水です。
待合室ではご自由にお茶・コーヒーを飲んで頂き、できるだけリラックスしてお待ちください。