院長ブログ

2011.06.01更新

エステ感覚で歯肉のマッサージはいかがですか?
口の中にはたくさんの全身に関わるツボがあり、このツボと、口を動かす筋肉をリラックスさせるマッサージ・・・これが、自律神経を安定させ、交感神経と副交感神経のバランスを整える効果があることがわかりました。自律神経の安定は、免疫にも大きく影響し、免疫力UPは、歯肉の免疫、つまり歯周病予防に効果があるばかりでなく、全身の免疫力も挙げるのです。近年虫歯による歯の喪失率は格段に減りましたが、歯周病は25歳以上で80%に増加、どうやら、ただ歯磨きをしていただけでは、歯周病は防げないようです。歯周病は歯を支える複雑な歯肉に細菌が感染し、歯肉だけでなくその下の骨まで壊していくこわ~い疾患です。それに、動脈硬化や糖尿病のリスクを高めるとも言われ、要注意。普段あまり痛みとして感じることが少ないし、歯磨きもがんばっているし、定期健診も受診しているので一応安心?と思いたいところですが、実は歯周病を悪化させる大きな原因にストレスcatfaceがあることをお忘れなく!です。ストレスは交感神経をONにしたまま、血流を悪くし、細菌と戦う免疫力ダウンの状態を作り出します。国島歯科では、これまでも治療の一環として、全身の経絡(ツボ)の電気抵抗値を利用した良導絡というコンピューターで交感神経の状態を測るサービスを行い、どうしたら自律神経のバランスを良くできるか、全身の健康のために、どのような指導をしたらいいか、など東洋医学的アプローチも行ってきました。さて、この良導絡計測を歯肉マッサージ10分間の前後で行ってみると、その効果がはっきり出てきました。これをやらない手はありません。わたしは毎回、眠ってしまいます。confident本当に気持ちいいです。顔筋は、実は外側より口の中からの方が直接触れることができるので、アロマのジェルで行う免疫UPマッサージで、気持ちよ~いひと時の後には疲れたお顔に笑顔wink、ご希望ならリップマッサージも加えての15分。女性ばかりでなく、口をへの字にがんばってる男性にも効果抜群のリラックスタイムを提供します。

投稿者: 国島歯科